グラフィックデザインが必要なDTP求人を探す

国家試験の合格率

この時期は資格職によってはいい時期

国家試験の合格率が低いために、受験資格があるのに国家資格を持っていない方が増えてきています。 この理由は本当に十分な知識がある方でしか、今度の流れについていけないなどがあります。以前は暗記だけで合格できたと言われていますが今の国家試験は考える力も必要になってきています。 合格率が低いということは求人がたくさんあります。例えば理論上合格率60%ということは10人採用しても6人しか仕事ができないということになります。

夏ごろからの求人がもう出てます。

今年国家試験に合格し、資格を持っているが就職が決まっていない方もいます。 国家試験が難化傾向にあり、不合格で断ると迷惑であるため求人を断っていた方です。 10人求人して6人しか仕事ができなければ、すぐにでも補充したいため求人を出します。大学病院のような人気のところからも求人がかかり、資格を持っているため簡単な面接やテストだけで就職できることもあります。 つまり、普通の時期に受験をしても大学により不合格になるが、今の時期であればきちんと実力があることを証明できるため、合格できる可能性が高くなります。 このような傾向はまだまだ続くと思われます。 学力低下している一方、国家試験は考える力が必要となり難化しているため、大学でどれだけきちんと勉強したのかがはっきり反映される時代になってきています。